FC2ブログ

花橘と。 | 主に更新のお知らせなど。日記・呟きなどなど。

YABEEEEEEEE

更新が全くできねええええええ






元気です
とりあえず最近はサッカーに燃えてます
コンフェデ楽しみですね
あと風景画に熱中したりしてます


それから鈴夏、そのうち一旦撤去します(^q^)
展開を考えていたのですが、色々面白くなくて今一度組み立て直すことにしました
所々に鈴夏の名残りは残る(名残りが残るって変じゃないか頭痛が痛い的な)ものの、全く別のお話になりそうです
多分一気にダークなお話になる気がします。シリアス路線へいざ。

こんなんだから一向に完結できないんですよはっはっは
ではっ

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback

イラスト一点うp

放置しすぎて黴臭くなってまいりました当サイトですが
イラストうpして、少しでも澱んだ空気を換気できれば・・・。
ということでうpです。

私事ですが
最近人生初の手術をいたしまして、この連休を退院後の自宅療養にあてている花橘です。
PCをがつがつと弄れるくらいには元気モリモリでございます。
あとここ最近、進撃の巨人というアニメ・漫画にぞっこんです。面白いです。見たことない方はぜひ。

みなさまはGWいかがお過ごしでしょうか。
では、またの更新まで~

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback

新年開けまして

おめでとうございます。

2013年第一回目のブログ&サイト更新です。
年賀イラストをUPしました。
今年は個人的に、忍耐の年と目標を定めておりまして、耐え忍ぶといえばNINJA-!的な連想で苦無とか手裏剣とか持たせました。蛇も本当は描きたかった。でも余裕なくて描くのやめました。

片や小説の更新なんて久しくしておりませんが
何卒本年もよしなにして頂ければ幸いでございまする。

それではまたの更新まで。
今年も皆さんにご多幸が訪れますように。

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback

スーパーカップのマロンが美味すぎます

そうおもいませんか。

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback

紅葉狩り行ってきました

 今年は紅葉が綺麗だそうで、ドライブがてら行って参りました!
 写真を某パー子のように撮りまくったので、一部うpします~

121110_155150.jpg
121110_155250.jpg
神社にも行ってきました!
境内まで続く階段がですね、それはそれは長くてですね……
121110_155619.jpg121110_160238.jpg
ようやく、本殿の傍の滝まで辿り着きました。

121110_155141.jpg121110_155131.jpg
121110_155212.jpg121110_161453.jpg
121110_155009.jpg121110_152701.jpg
121110_153645.jpg
↑は少し色調弄りました。実際はこんな色なのに写真写りわるくてorz


以上です!
こうして見ると如何に撮り手の技術が下手か分かる。ぶれまくり。
でもとても楽しかったです!
ほんでは!

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback

梓の稲荷神を欧風バージョンに置き換えてみると。

タイトル『シスター&ジーザズ』(適当)

梓乃 エスソシスト一族の長女、洗礼前の見習い祓魔師(兼シスター)

和泉 十字架の磔から抜け出してきたジーザズ yes!

悪魔に絡まれカトリック派閥とプロテスタント派閥の争いに巻き込まれ孤軍奮闘するはねっ返り娘のどたばたホラーファンタジー!
ピンチの時はoh my god!と言うとジーザズが聖水と十字架のアイテムを授けてくれるよ!後々は二人のラブも生まれるよ!
ヴァンパイアやケルベロス狼男にフランケンシュタイン、ラスボスはサタン!

「あたしは絶対エクソシストにはならない!」
「懺悔せよ。さらば救われん。god bless you」
「悪霊退散!悪霊退散!悪霊退散んんん!」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちょっと考えてみたけど私には色々無理がありました。ネタに走りました。
一神教だと神様選べませんね。みんなヤハウェですものね。畏れ多いのでキリストにしてみました。
ていうかキリスト教よく分かりません。無念。

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback

更新です!

なんかすごく疲れました!勢いだけで終わった!
修正はまたすると思います。
梓の稲荷神、第六話更新です!

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback