FC2ブログ

花橘と。 | 主に更新のお知らせなど。日記・呟きなどなど。

かんせー

きくとさくら by はなたちばな on pixiv


昨日できた。
この構図は自分よく使うなーとか、富士山使い回しなんというエコ!wwとか思いつつ。

スポンサーサイト



Posted by 花橘 on  | 

そういえヴぁ。

この記事はブロとものみ閲覧できます

Posted by 花橘 on  | 

シュレッダー

あのね、あのね!
どうしても言いたいことがあってね!







シュレッダーて、可愛いよね!!!
あの姿、あの紙をまりまり食べる愛らしい姿!!!
萌え!!かわいい!ペットがご飯食べてるときのような、このときめきは一体なんだ!!

Posted by 花橘 on  | 

途中経過

longkiku_20120124121824.jpg
菊着色、概ね終了。顔の輪郭の歪さが耐え難い。かといって修正するほどの意欲も湧かないorzちょっと幼いけどいいよね!
次、ここから桜着色に入る!
背景はこーいうシンプルなもののままにするか、もっと手を加えるか、黙考中。

Posted by 花橘 on  | 

お絵描き

longkiku.jpgハル@銃
←はお馴染みの、某国擬人化漫画の祖国。→はうちのサイトの鈴夏より、ハルさん短髪版。
ハルは言わずもがなの落書きだけど(しかもちょっとキモry)、左のは去年線画おこして途中で終わっていたものに、てけとうに着色したものです。これからちゃんと細かく塗っていきます。ていうか自分、中途半端に描いて終わってるものがあと3つ4つあって、放置したままなので、それらを完成させねばなりません。めんどk(ry
小説・・・すいませんなんだか今文章が全然思い浮かばず、塩をかけられた蛞蝓のごとく悶えてます。ぬああああっ!!

そして神様はじめました、新刊が買いたい。ものすごく漫画読みたい。あとマギにはまってます。小説も読みたい。読みたい。
そしてそして、実は今年に入ってから、“怖い話”というものにはまっていますコッソリ。リアルであればあるほど、好き。汚い、おどろおどろしいもの!なぜかはまる!
恋愛脳に持っていって鈴夏の更新をするには、そっち系への興味がありすぎてまずい。

あああ明日からまたお仕事!めんどk(ry

Posted by 花橘 on  | 

劣等感と憧れ

は、隣りあわせ。かくも激しい感情の二律背反。ああ!!
愛憎紙一重とはよくいいますけど。
ああ私もあんな素敵な。私が憧れてやまないものが、言葉が書けたらいいのに!
そしてそのままの心境で自分を顧みた瞬間。どうしてこんなに私は不具なのじゃ!と卑屈になってしまうのですよ。
もうやだお。
指先を滑るような、細やかな氷砂糖が舌の上で蕩けるような。ひとしずくの水滴が湖面にしたたるような、そしてそれが静かに静かに波紋を広げるような。そんな文章が書きたい。
透明で繊細で、凛然としながら激しく冷徹でもあり、穏やかな陽だまりの温もりをも内含する、そんな文章。少しだけ古めかしい感じが匂わせられたら尚好い。

結論:もっと本を読んでおけばよかったああああああああああ

Posted by 花橘 on  | 

ほくほく!

今日は起床前からいいことがありました!

とっても久しぶりに、幸せな夢を見たこと。

超嬉しかったおー。

ほんで寝覚めが良くて、眠気もそれほど引きずらず、最近では一番朝風呂も寒く感じなかった。夢効果すげえwwっていう。ついでに体重も知らぬ間に一キロ半減ってました!ナニコレ嬉しい!お正月お餅いっぱい食べたのに!(大量に余ってて、今日のお昼も黄粉餅食べたおorz)

そんで出勤したら、ちょーっとキモチ苦手な専務が今日は一日不在ときた!マジでやああっほーーーおおい!って思いました。(ちなみに専務が苦手な理由は、怖い人がそんなにいない会社で唯一怒ると怖い人だから。私が怒られたことは嘗てないのだけども、彼の部下が叱られている場面を目にして自分がびびるという、物凄く情けない理由)

で、仕事も無難に終わり
家に帰ってピクシブで感動ものの素敵なイラストに数点出会い、作者様をお気に入りに入れさせて頂き
父のお土産源吉兆庵のお菓子を食べつつ(栗鹿の子うまあああああっ 涙)、極めつけはやっぱりフィギュアネタ!!

荒川静香さんのアイスショーでの夕顔!
何度も見てきたプロではあるのだけども、今日見た動画の映りがやばかった!!キレイすぎて、そして音がキレイすぎて!
語りだすと止まらないのだけども、とにかくキレイで切なくて寂しくて苦しくて!
自分はやっぱり小説とか読んだり書いたりしているからか、それとも元日文科の学生だったからか、源氏物語の夕顔のストーリーが思い起こされて・・・より一層儚さとか物悲しさを叩き込まれた感じでしたうっうぅっ・・・
これがまた曲の主旋律?がバイオリンなのだけど、少し中華風味(というか二胡風味?)も混じってて、でもそれが個人的に源氏物語の倒錯した感じを思わせて、ああもう涙が出るってこれはほんとですよ!
学生だった頃は源氏物語なんてただの姦通モノじゃん高尚なモノじゃないじゃんばかばかって忌避していたけど、今はそういうドロドロした、退廃的というか背徳的というか、嫉妬や情念や、けれどでも可憐さ美しさ優雅さを兼ねるかの作品も、その世界観はよいものだなあとシミジミしています!

そんでそんでしーちゃんのあの衣装がまた美しいのなんのって!きゃー静香さまきゃー(叫)
最初に纏う十二単をイメージした羽織は、んーどうかな?と思うのですが、まあそんなことどうでもいいんです。
このプロには、カメラの正面でスピンして、立ち止まった後にハッとさせるほど美しい(美しい連呼で申し訳ない)動作が振付けられているのですが、その視線の先の源氏に手を伸ばそうとして、けれど留まって苦しみ悲しみに顔を扇で覆う仕草(ココは個人的解釈)が、その情感が!!!涙でヘッドホンを湿らせてしまったorz
ああこんな風に苦しみに満ちた小説書きたいなあ、なんて思ったり。でもそこには必ず愛と救いがなければなあと感じたり。
やっぱり和風好きだ駄目だ引きずられる!今更新中の連載作品は和風ではないのに!

まあ今日はとにかく、他にも些細な、それでも嬉しいことが多々あってとてもハイテンションに陥って?おります。
文体がおかしくてすみませn・・・

鈴夏の更新はもうちょっとかかりますTT
今日は更新分の3分の1くらい終わって、止まりました。また明日続きを書きたいです。
こんなテンションですが、鈴夏の今の雰囲気は壊しませんので大丈夫ですきっと。
ほんでは!

Posted by 花橘 on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。