FC2ブログ

花橘と。 | 主に更新のお知らせなど。日記・呟きなどなど。

サイト、プチ改装につき。

前回の記事は後々読み返してみるとトテツモナく酷い文章だったので、非公開にしました。orz

やっぱり夜中のブログ更新はよろしくない。

自分の底の浅さが露呈されていました。



そしてサイト改装しました!

といってもデザインは一緒で、画像を差し替えただけですが。

小説はただいま、小説家になろう様で連載中の作品に絞って更新しております!

よろしければ覗いてみてNE!

スポンサーサイト



Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback

ほあああああああああああっ

ちょっと!っちょっとおおおっ

ものすごくただいま興奮しておりますくぁ背どぇfsgwgふじこrtghjp:えあf:pjtげfえふじこってるー!!

テンションめちゃめちゃ振り切って真夜中なのにこんな私ってどうよでもでもでもうれしいいいいいいいっ

ごめんなさい意味わかんねwな書き出しで!

これは自己満で書いてます、誰にどのように思われてもよろしいのです!私がとっても嬉しいのですから・・・!創作関係の話題でこんなに驚きと嬉しさが相俟っているニュースが近頃あったでしょうか。感動に打ち震えている私自身のこのあほっぷりもキモっぷりも、どうせブログの上ですから!この文章を打っている実際の表情は普通の無表情ですが!心の中は今お花畑なのです。



何を隠そう、さきほどとても嬉しいことがありまして!

感情を吐露したいので、経緯から丁寧に書いてみたいと思います!



6年くらい前に、私のもの書きの原点ともいえるとある小説を書いていらっしゃった方のサイトが、ひじょうにひじょうに悲しくも閉鎖されてしまわれたのですが

私そのときに、本当はいろんなことをメールででもお伝えしたくて、すごく考えたんです!

最初は、嫌ですそんな閉鎖なんてしないでください嫌です嫌ですこんなに泣いているのに!(実際何度も泣きましたpgr)と思いました!

でも駄々こねるのはさすがに失礼なので、ものっっすごく寂しいけど!今までありがとうございました素敵な作品の数々を!そのおかげでこうして今の私はいるのです的なことを思いました!

そしてこうやって読者だけでなくて、作者をも生み出すあなたの作品は本当にすごいんですよ、素敵なんですよ、心にいついつまでも残るのですよ!と力説したくなりました。

でもなんだかいいのかな、こんな偉そうなこと言っちゃって!いきなりこんな熱烈な(こんなハチャメチャな文章ではないですが)メッセージ送っても不快に思われないかなとか

でもやっぱり閉鎖してほしくないとか、いつか再開するっていつのことですかkwsk!とか、更新なさらなくてもサイトだけは残してくれませんかどうか!とか、なんだかやっぱり「今までありがとうございました」って(いうのも変だけど)、その管理人さんの新たな門出を、感謝や労いや応援の言葉で後押しできるほど、自分の気持ちが整理できなくて(馬鹿だから)、閉鎖してほしくないとか寂しいとか思ってる自分が心からそんな前向きなメールは送れないやorzって思って、本心からの言葉を書けないことに気づいて、結局メール一通も遅れないまま、サイトが閉鎖してしまわれたのです!



後になってとっても後悔しましたけど。

上記のようなことを、本心では閉鎖してほしくない、本音はあなたの作品をずっと読みたいんです、ということも含めて、伝えるべきだったかなと、そりゃあ後悔しましたけど。

だって、自分が書く側の人間になって、もし当時の自分のような読者がいると知れば、それはぜひ伝えてほしいと思うことに気が付いたからNE・・・orz



それから今日まで、時々ふっと思い出して、懐かしきその管理人さんの作品名を検索してみたりして、サイト再開されてないかなぁって彷徨っていたんですが・・・!



さっき、とうとう!



発見したあああああああああああああっっ!!!!!!!!



(記憶があいまいなので、お、そ、ら、く)一字一句、昔と違わぬ文章を、見つけたときは、顎が外れるかとオモタ!

懐かしいです・・・とっても懐かしいです

初恋の人に大人になって出会った気分(よりはもっと畏敬の念が大きいですが)



とにかく嬉しいのです。



最近は自分のサイトではなく小説家になろう様の方で連載しており、まったくアメリアムの更新してないですが!



花橘は、とてもとても、嬉しいのです。

尊敬する方です本当に、尊敬します!

大好きなんです!

危ない意味じゃないです!

先生的な意味で!



とにかく嬉しいです。

なんぼ書いても書き足りないくらい嬉しいのですっっっ

Posted by 花橘 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。